A

クレジットカードを発行する為に必要な書類は本人が確認できるものです。

例としては、運転免許証、健康保険証、住民票の写しなどが挙げられます。

未成年の方の申込みには原則として保護者の方の同意書と印鑑が必要になります。

A

クレジットカードが使えるお店を加盟店といいます。

加盟店は、お使いの、国際ブランド、Visa・Mastercard・JCB・American Express・Diners Clubなどで、どのブランドを利用しているかで異なります。

日本国内での利用であれば、ほとんど困ることはありませんが、海外になると利用ができないカードもあります。

基本的には、海外の方がキャッシュレス化は進んでいるので、よく旅行に行く国では使えることが多いです。

A

クレジットカードをお得に使う方法として、携帯料金や公共料金などの固定費をカード支払いにまとめることでポイントが貯まるのを飛躍的に伸ばすことができます。

ポイントが貯まる事でアイテムや商品券の交換もできるので、結果的に家計の節約にもなりますし、支払いも現金払いよりリスクが低いので安心感もありますね。

A

クレジットカードのおけるメリットは様々ですが、大きく分けると「ポイントが貯まる」、「多額の現金を持ち歩く必要が無いのでリスク軽減につながる」、「利用明細が発行されるので家計簿代わりになり節約が容易」なことです。

逆にデメリットとしては、「使い過ぎて返済ができなくなる可能性」や「リボ払いや分割払いに手数料が掛かる」などが挙げられます。

いずれも利用者の注意で回避できるデメリットなので、計画的に利用すれば、クレジットカードはメリットの方がずっと多いアイテムです。

A

はい。クレジットカードでも、電気・ガス・水道などの公共料金を払うことは可能です。

公共料金の支払いを1つのクレジットカードにまとめることで、カードに応じたポイントが貯まっていくようになります。

A

もし、クレジットカードが盗まれた、紛失してしまった際はすぐにカード会社に連絡下さい。

カード会社がただちに利用できない様に手続きを行い、他人による悪用を防ぎます。

その際、最寄りの交番で届け出を出すのを忘れないでください。所定の手続きを行い新しいカード発行の手続きを行います。

A

ポイント還元とは、商品を買った際に、商品の種類や金額に応じたポイントが返ってくるサービスのことです。

クレジットカードの場合は、支払いをカードで行った場合、どのくらいポイントが貯まるのか?という比率になります。

たとえば、1%の還元率のクレジットカードだと、100円につき1ポイント貯まるという形です。

おすすめコラム